TOP

利用者の皆さま

新型コロナウィルス感染拡大防止に関する当法人の方針
および 施設利用に際してのご協力のお願い

2020年4月1日
社会福祉法人ピスティスの会
理事長 村上恵理也

 新年度を迎えて、お子さまのご進級、ご入園・入所を心よりお喜び申し上げます。
さて、今般の新型コロナウィルス感染拡大のこの局面にありまして、当法人では、できうる限りの防止・予防策を講じつつ、お子さまの育ちを励ます保育を継続します。
この状況下、保護者の皆さまにおかれましても、お子さまの保育環境保全のために、次の事柄にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

① 感染拡大防止の観点から、休暇の取得等、就業の調整がつく場合には、ご自宅にてお子さまとお過ごしください。
② 施設の利用時間も、可能な範囲で短くなるようご協力ください。たとえば、遅く登所する、早く降所する、など。
③ 状況はなお流動的です。施設からのお知らせ(掲示物、配布物、メール)をよくお読みください。
④ 海外渡航後、帰国されたお子さまは2週間自宅待機するようにしてください。また、同居者が海外より帰国された場合にも、その旨を施設にお知らせ
くださいますよう協力をお願いします。
⑤ 体調の優れない方による送迎はお控えください。
⑥ ご不明な点、ご不安なことなど、遠慮なく施設職員にご相談ください。


 なお、今後、日本政府または地方自治体(千葉県、松戸市)の判断、あるいは施設関係者からウイルス陽性反応者が出た場合など、状況の変化によりましては、保育所、放課後児童クラブ等、当法人施設が一時閉鎖される可能性があることは記し添えます。保育を継続しながら、この事態が打開されることがわたくしどもの切なる祈りです。
 年度はじめにこのような通知となりますことは心苦しくも、今、子どもたちのために、ともに心と力を合わせたく、重ねてご理解とご協力のほどお願い申し上げます。保護者の皆さまもお疲れの出る頃と拝察します。くれぐれもご無理をなさいませんように。
 法人職員一同、お子さまが少しでも安心して毎日を過ごすことができるよう、最大限の努力をすることをお約束します。

以上


ともにこの時期を

 皆さまには、当法人諸施設におけるウィルス感染拡大防止対応にご理解をいただき感謝申し上げます。
 子どもの健康と生活を守る、当法人の使命の遂行は、ご家庭の協力があってのものであることを改めて学ぶ日々です。
 殊に、小学校等臨時休校要請に伴う状況の変化の中にも、大きな混乱なく保育提供を続けられますのは、
 子どもの最善のために、皆さまと心を合わせることが許されたゆえのことと思い、重ねて感謝します。

 一方、普段ならざる生活に入って今、皆さまにもお疲れが出る頃ではないでしょうか。
 お子さまと一緒に自宅で過ごす生活には、濃密な時間を過ごす喜びとともに、
 さまざまの困難や課題もあろうかと思います。
 放課後児童クラブを利用されるご家庭の中には、自宅待機に積極的に協力をいただいていますが、
 くれぐれもご無理のありませんように。
 また、ほっとるーむ松戸では、一時預かり保育を継続しています(未就学児対象、4時間まで)。

 何かお困りごとがありましたら、利用施設まで遠慮なくご相談ください。
 保護者の皆さまも、ご自身の健康状態にご留意ください。

 皆さんとともにこの時期を乗り越え、再び日常を取り戻したいと願います。
 ひと足外に出れば、春の気配が感じられます。

2020.03.10
理事長 村上恵理也


小学校一斉休校に伴う
当法人 放課後児童クラブの対応について

第2報 2月28日 午後6時更新

3月2日(月)以降の松戸市内、放課後児童クラブの開所運営方針について、
松戸市担当課より、2月28日付通知文にて概要が示されました。

下に掲載しますのでよくご覧ください。

当法人では、この方針に沿い3月2日以降も、
相模台放課後児童クラブ、中部放課後児童クラブにおける児童保育を継続します。

なお、感染拡大防止の観点から、保護者とともに生活できる条件が整う場合には、自宅に留まるようにしてください。
また、施設利用も最短の時間となりますように、送迎等ご配慮ください。
施設における感染拡大を防止することにより、この期間の保育を継続したいと願っています。
何卒、ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。

以上
社会福祉法人ピスティスの会

(1)当法人の方針およびお願い


20200228houshin
(2)松戸市子育て支援課からの通知文


20200228tsuchibun
 


  

小学校一斉休校に伴う
当法人放課後児童クラブの対応について

 3月2日(月)より実施予定の全国小学校の一斉休校については、各種報道にてご存じのことと思います。
 保護者の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染拡大の事態からお子さまを守るために、引き続き最善を尽くされますように。
 
 放課後児童クラブについて、明日2月28日(金)には行政から方針が示されることと思います。
 同時に、当法人では保護者の皆さまの不安を共有し、独自にでも何らかの対応をとりたいと考えています。
 対応の可能性の有無を含めて明日2月28日の夕方までに、何らかの方向性をお示しできるように鋭意検討を始めています。
 
 なお、勤務先において休暇の取得が可能な方、親類や友人等、お子さまを託すことができる環境のある方におかれましては、感染拡大予防の観点からも、その準備を始められることをお勧めします。

2020年2月27日
社会福祉法人ピスティスの会


今月のおたより


pistis
この言葉は、ギリシア語で、聖書では「忠実・信実」、現代用語では「真実」という意味です。同時に、信頼する、信ずるという意味を持っています。
……(続きを読む)