TOP

新しい日々のために

20200610_110012_R3_02768
保育室に子どもたちの声の響きが戻ってきました。
6月中旬より、保育所(小規模保育室を含む)および放課後児童クラブは「通常保育」を再開しています。

何よりも、今日に至るまで賜りました利用者の皆さまのご協力、各方面関係者の皆さまの励ましに心より感謝申し上げます。
おかげさまで保育利用を制限させていただいた期間も施設の安全を保つことができました。
そして今、親御さんが担われた非日常における養育のわざと、子どもたちが負った「がまん」に、神のねぎらいがあることを祈ります。

これからの日々はこれまでの日々とは違うものとなりますが、保育者は子どもたちの順応力に学びつつ、新しい保育のかたちを探り求めて参ります。
子どもの成長に不可欠な「触れること(触れ合うこと)」と、感染症予防に必要な「距離」をいかに両立させるのか。
この難題に挑む日々に、知恵と力、そして祈りを集結させる所存です。

ほっとルーム松戸、キッズルームについても再開に向けての準備を進めています。
各施設のホームページをご注視ください。

社会福祉法人ピスティスの会
理事長 村上恵理也


今月のおたより