TOP

実りを刈りとる季節

 新しい季節の風を肌に感じます。このような日々の中ではありますが、今日も保育室には子どもの声が心地よく響いています。わたくしどもはいつにも増して、彼、彼女らの心身ともなる健康と生活が守られることを祈りつつ、乳幼児の保育、学童の生活支援に励んでいます。
 過ぎ去った夏の恒例行事は、規模を縮小するなど工夫をして行いました。迎えた秋にも、梨もぎや芋ほり、プレイデイや収穫感謝礼拝と、季節ならではの楽しみがあります。これらも例年どおりとは参りませんが、子どものいのちの糧となることを信じ、知恵をもって備えます。そのようにして子どものいのちの実りを大切に刈りとり、それらを皆さまと喜びたいと願っています。

2020年9月
理事長 村上恵理也


今月のおたより